生命保険選びの無料情報

スポンサードリンク

60歳からの生命保険選び

こんにちは、「生命保険選びの無料情報」です。

60歳から生命保険を考える場合、保険を貯蓄代わりにしようとする考え方は持たないほうがいいようです。
生命保険を活用して老後に備えて貯蓄をしたい時、現在のように金利が低い場合は貯蓄性がとても低いものになってしまうからです。
60歳からの生命保険は死亡保障ではなく、医療保険を中心として考えましょう。
年齢が高くなると、同じ病気にかかったとしても若い時に比較して療養日数が長引くことが見込みされます。
入院したとしても、若い時に比べ入院期間が長引いてしまうんです。
そのため、長期の入院に備えた総合医療保険に加入してみるのはどうでしょうか。
ところが、60歳台から総合医療保険に加入しようとすると、保険料が高額なものとなってしまいます。
保険料を安く抑えたいのならば、損保会社から販売されている医療保険がお勧めの保険となってきます。
契約で定められた範囲内ならば、入院にかかった費用を保障してもらえます。

入院に対して保険で備えるというのではなく、貯蓄で備えるという方法もあります。
例としては100日入院したとすると、1日5000円の保険ならば50万円支払われることになります。
保険料を支払ったつもりで毎月15000円貯蓄すると、3年もかからずに50万円を貯めることができるんです。
200万円近く貯蓄があるのならば、わざわざ保険料を支払って入院に備える必須はないと思われます。

ガンなどは医療費用が高額となってきますので、保険で備えることをお勧めするのです。
ガン保険単体であれは保険料も安く済むはずです。

60歳からの生命保険選び関連エントリー

スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル石鹸洗顔体験ナチュラル バランス ダイエットプーアール茶ダイエット
アクアコラーゲンゲル