生命保険選びの無料情報

スポンサードリンク

保障重視の生命保険選び

こんにちは、「生命保険選びの無料情報」です。

生命保険のうち、保障重視の生命保険は死亡保険ですが、死亡保険にも終身保険、定期保険、定期付き終身保険と呼ばれるタイプがあります。

終身保険は保険期間が終身であるため、保障は一生涯続きます。
必ず保険金が支払われるタイプの保険であるため、保険料は他の生命保険に比べると割高なものとなります。
満期になったとしても満期保険金はありませんが、一生涯にわたって死亡保障が続くばかりでなく、解約返戻金も貯蓄性の高いものとなっているのがこの保険の特徴です。
将来、子供が独立して死亡保障が必須なくなれば、保険を解約して解約返戻金を老後資金に充てることもできるでしょう。
終身保険の保険料払い込み期間終了後は、死亡保障を継続する、解約返戻金を受け取る、介護保険に移行するという選択の幅があるのも長所であると思われます。

定期保険は保険期間が10年間や15年間、もしくは60歳までというようにある一定期間に限って保障するというタイプの保険となります。
解約したとしても解約返戻金が支払われるタイプではないので、一般的に掛け捨て保険ともいわれています。
安い保険料で大きな保障を得たいのならば定期保険がお勧めです。
死亡保障だけを目的とした生命保険であるため、貯蓄性はありませんが終身保険や養老保険等に比べると保険料は割安なものとなっています。
ところが、短所としては解約返戻金がない、更新型ならば更新ごとに保険料がアップしていく、などが挙げられます。

定期つき終身保険とは、終身保険に定期保険を特約として上乗せしたもので、ある一定期間に限って大型の保障を付けたタイプの保険です。

保障重視の生命保険選び関連エントリー

スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル石鹸洗顔体験ナチュラル バランス ダイエットプーアール茶ダイエット
アクアコラーゲンゲル