生命保険選びの無料情報

スポンサードリンク

生命保険選びと医療保険

こんにちは、「生命保険選びの無料情報」です。

生命保険に医療保険を特約で追加する人は多くいますが、将来にわたって医療費に不安のある人は単体の医療保険に加入されてみてはどうでしょうか。
生命保険の主契約とは別に単独型の医療保険に加入するんです。
保険料は高めですが、主契約の生命保険とは関係性なく、単独で継続できるばかりでなく、特約よりも保障内容が厚くなります。
医療費用の本人負荷の割合が増加しましが、今後も少子高齢化のもとで現役世代の負荷割合が増加していくと見込みされています。
このような背景があるので、医療保険さ近頃注目されてきています。

自営業やフリーター、将来独立する予定のある人など、公的な医療保障の足りない部分を自分で補う必須のある人にも医療保険はお勧めです。
このような人は若いうちから医療保険に加入したほうがいいようです。
なぜなら、若いうちから医療保険に加入することにより、将来の負荷が軽くなるからです。

そして、60歳以降に医療保障のない人も医療保険に加入したほうがいいでしょう。
医療特約を生命保険や養老保険に付加している人は、60歳になって保険期間が終了すると同時に医療保障も無くなってしまうからです。

夫の生命保険だけで保障を得ている専業主婦についても医療保険はお勧めです。
配偶者への給付金は本人の60パーセントに抑えられてしまうことから保障が低くなりがちですので、できれば自分専用の保険に加入したほうがいいようです。
夫に万が一のことがあり、保険金が100パーセント支払われることになった場合、妻への保障も消えてしまうからです。

生命保険選びと医療保険関連エントリー

スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル石鹸洗顔体験ナチュラル バランス ダイエットプーアール茶ダイエット
アクアコラーゲンゲル